【PS3】HEAVY RAIN 心の軋むとき クリア後レビュー(ネタバレなし)

ゲームやアニメや漫画に動画、気になったコンテンツの紹介をします。 まあ、あとは個人的なネタや記録なんかを書こうかなと思っております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投稿日:--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【PS3】HEAVY RAIN 心の軋むとき クリア後レビュー(ネタバレなし)

【PS3】HEAVY RAIN クリア後レビュー(ネタバレなし)
これは掛け値なしにいいゲーム。


はい、どうもマヨタカです!


ゲームレビューがめっちゃ溜まっててですね・・・


とりあえず、個人的評価の高いゲームからレビューしていく流れになるかと思います。


という訳で、今回は「HEAVY RAIN」のレビュー。


先に言っときますが、自分はサスペンスやミステリーが好きな上でこのゲームをべた褒めします


サスペンスやミステリーが好きだからこそ、酷評にはなりにくいけど大好評にもなりにくい・・・


それでも、絶賛せざるをえない!


いい出来です。


まずは、毎度お馴染み・・・


【HEAVY RAINって、どんなゲーム?】

ヘビーレインとは、フランスのクアンティック・ドリームが開発した。PS3用ミステリーアドベンチャーゲーム


【アドベンチャーって?】

アドベンチャーと聞くと、このブログを見る方々はギャルゲーや恋愛ゲームを思い浮かべるかもしれません。

・・・んなことないか?(笑)

確かに、アドベンチャーは「プレイヤーがコマンドの入力や選択肢の選択などにより行動を選択していく形式のゲームで、文章を読み進めることが主体」となっています。

「弟切草」「かまいたちの夜」がそうですね。

しかし、3Dグラフィックの発達に伴い「SIREN」や「サイレントヒル」、「アンチャーテッド」などのような映画のような演出でストーリーを展開するゲームも多く開発されるようになりました。

なので、現代におけるアドベンチャーとは『ストーリーの進展を楽しむことがメインのゲーム』という認識でいいのではないかと思われます。


因みに、「サウンドノベル」というジャンルを聞いたことがある方もいるかもしれません。

じゃあ、サウンドノベルとアドベンチャーの違いは?

【サウンドノベルって?】

少々面倒くさい話になりますが、サウンドノベルはアドベンチャーゲームの一種で、スパイク・チュンソフトの登録商標になるらしいです。

なので、「弟切草」や「かまいたちの夜」は大人の事情でサウンドノベルと呼ばれます(笑)

最近のゲームだと「428 ~封鎖された渋谷で~」になるのかな?

え!?新かまいたちの夜 11人目の訪問者?

・・・

サウンドノベルとは小説の色をより強く出したジャンルです。

簡単に言うと、映画のシーンをぶつ切りにして進めていく感じです。

ただ、小説と違い読者のイメージを固めてしまうことや作り手のセンスがそのまま評価に繋がるデメリットがあります。

もちろん、メリットもあります。


それが、「背景やBGMによる物語の雰囲気」と「選択肢」です。


これにより、プレイヤーが登場人物になりきることが可能になるわけです。

選択肢を選ぶだけと操作が簡単なのもポイントです。

「使うのは、己の頭脳のみ!」ということです。


何の話や!


【肝心のヘビーレインの面白さ】

さて、やっとヘビーレインの内容です。


このゲームは、映画の色を強く出したゲームです。


まあ、最近の・・・と言いますか海外のゲームはスケールでかいですよね。


ストーリーには触れたくないですが・・・

殺人事件が関連するので血や怪我が苦手な人は注意しましょう。


これが苦手な人は、絶対楽しめないと思います・・・。


それ以外の人は、続きをどうぞ!


私が思う、ヘビーレインの面白さは大きく分けて4つ!

1、ストーリーを複雑にさせる4人の主人公。

2、プレイヤーを物語から覚めさせないコマンドシステム。

3、リアルな雰囲気が作り出す緊張感。

4、どんな選択をしようと最後までストーリーが進むマルチエンディング。


1は、単純にストーリーの本質を見難くするために視点をバラバラにしているということですね。

4人から情報が入るから、一見有利に見えますが・・・巧みに入り組ませてます。


残りの2~4は分かり易いように画像を見ながら説明していきましょう。


下の画像は主人公の一人が歯磨きをしているシーンです。

life

探索や作業パートは、あまりアクションの制約もなくだいたいが何回でもできます。

移動が遅く感じたり、最初は慣れないでしょうが、積極的にやっていると法則がわかってきて直感的な操作が出来るようになります。


そして下の画像は、上とは対照的なアクションパートです。

action

×や□はPSコントローラーのボタンです。

円の中のゲージ?が溜まりきる前に押せば成功です。

自分は難易度ハードでやりましたが、ゲージが溜まるのは結構速かったです・・・。

たまに失敗することもありましたが、逆に映画のような接戦になるので緊張感が出てよかったですね。

ただ失敗しすぎると、ストーリーの進行も変わるってしまう?ので注意。

このアクションパートのコマンドは、右手と左手、右足と左足、ガードと攻撃などで分類分けされています。

この工夫により、プレイヤーとキャラクターがシンクロしやすいはず。

その結果、ゲーム内のアクションパートのリアリティが向上するわけです。

素晴らしいです!


さらに、同様の工夫として心理的な描写での例を挙げます。

下の画像は、ストーリー分岐に繋がる場面です。

mentality

銃の向こう側には、誰かがいるのですが、R1で「銃を撃つ」ことが出来ます。

でも、銃をむやみやたらに撃っていては自ら証拠を消してしまうかもしれません。

しかし、ご安心を!

そんな時は、登場人物に相手をなだめるような発言をさせたり、銃を撃つにしても足を撃つというような思考を促すことが可能です。

さらに、考えて見て下さい。

もし、実際に自分がその場に居合わせたとします。

相手と自分が銃を突き合わせているわけです・・・コーヒーを飲んでいる時と同じ状態ではないですよね?

必ず、動揺しているはずです。

それが、このゲームでは表現されているんですね。

画像ではわかりにくいですが、この選択肢は歪んだり揺れたりしながら主人公の周りをグルグル回ります。

もちろん、時間制限もあり放っておくと何もしなかったことになります。

この揺れや歪みが、緊張感のあるシーンであればあるほど大きくなる!

これにより、プレイヤーも同じような動揺を感じられるというわけです。

まあ、命を賭けるほどではないんですけどね(笑)


そう言えば、このゲームではイベントやシナリオのスキップができません

なので、ミステリーやサスペンスの謎解きが好きでない人にとっては面白くない可能性があるので注意!

推理苦手な人は周回して謎を解くしかないですし・・・これはキツイかもしれません。

一応、チャプターに分かれているので途中からスタートは出来ます。


【マヨタカのプレイ結果】

はい、ではプレイ結果から分析していきましょう!

自分は一周しかしていません。


難易度:一番難しい

書いた通り、アクションゲーム好きならこれが丁度いいかな。


クリア時間:5時間5分

思ったより短い・・・体感はもう少しあったように思えました。まあ、周回考えるといい感じ?


トロフィー:48%

小ネタトロフィーも結構取ったつもりでしたが、まだまだのようです(笑)


以下は、ネタバレの恐れがあるの反転(マウスで選択すると見える)してあります。

生存者:「スコット以外

推理:「ジェイデンのパートで犯人をブレイク刑事にしてしまいました。一応、理由がありまして・・・直前のマディソンのパートで犯人がわかるフラグがたってましたので、もし万が一ブレイクが犯人だった時に詰んでしまう可能性を取り除くために、ジェイデンに犠牲になって貰いました(笑)防犯ビデオの時計も見つけてたし、取りこぼしはなかったはず

ED:「ニュース、再出発、解決、折り紙の墓(ローレン生存)


総合的に、「推理が好き」「アクションゲームが好き」「血が苦手でない」人なら必ず楽しめるゲームなのではないかと思います!


周回をあまりしない自分にはフルプライスは厳しいですが、色々といいゲームだと思いました!




「レビューを終えて・・・」
           ____
         /      \
        / \    / \ 色々とトラブルもありましたが、無事に書けてよかったです。
      /  fてハ`  ィて刀 ::\      皆様の参考になれば幸いです。
      |      (__人__) :::::::::::|
      \      `^´  :::::::/
      /     ー‐    \


「記事をUPした日付について・・・」
      / ̄ ̄ ̄\
    / -―、  ―-\
   / ィてフ> i iィてフ> \     マヨタカはうそつきではないのです
   |    (__人__)    |      まちがいをするだけなのです
   \      ^     /
   /             \




そういうことなのです
スポンサーサイト
この記事へのコメント
  1. 名前: 投稿日:2012/10/14(日) 01:10:41ID:????????
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内検索
( ´・ω・`)_且~~ ごゆっくり
コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク
イラスト
ほぼ、TOP絵ですけど。
記事内キャラクター紹介
キャラ紹介


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。